カマグラとの出会い!バイアグラから乗り換えた去年の夏

種類が豊富なED治療薬

カップル カマグラとは印度のムンバイに拠点をおく製薬会社によって製造販売が行われているED治療薬であり、成分用量が1999年に世界で初めて誕生したバイアグラと同一になり、バイアグラジェネリックとして販売が行われており製造国での名称と輸出用では名称が異なり輸出用がカマグラであり製造国ではカマグラゴールドとして販売されており、名称の使い分けに対して明確な理由は分かっていませんがどちらでも成分はシルデナフィルクエン酸塩となるので先発薬と同様の効用をもたらす薬剤として用いれるバイアグラジェネリックになります。

バイアグラジェネリックの特徴として、大きく異なる点はなんと言っても剤形の種類が豊富に用意されている事であり錠剤をはじめとし発泡剤やゼリー、チュアブルの全部で四種あり、錠剤を除く三種に限っては溶け出すまでに時間を要する事がないので素早い効き目を期待する事も出来るので様々な場面で活躍させる事ができ臨機応変に対応出来る仕様となり、それぞれにフルーツの味を付けているので薬剤っぽさがなく頻回な投与を行っても飽きのこないED治療薬となります。

またチュアブルは水を必要としないので相手に内服している事に気付かれたくない方等には、口の中で舐めるあるいは噛むだけなので自身がEDである事に気付かれず治療を行う事が出来ます。

作用機序も先発薬とは変わらず、ホスホジエステラーゼ-5(勃起を抑制する酵素)を阻害する事でcGMP(陰茎の血管を拡張させる物質)が分解される事を防ぎ、海綿体への血流を増加させる事が出来る点は変わらず同一であると言えますが、上記で説明した通り剤形に違いがありこれは製法も異なる事になるので全てが完全に一緒という事は保証出来ない薬とも言えるので、これらの点には留意しなくてはなりません。

ED治療薬は国内では薬価が未収載な為に一錠当たりに必要とする金額も高く、既に先発薬は他に二種類に新しい薬剤が登場しているもののやはり投与に二の足を踏ませるのは薬価になり、後発薬に切り替える事で安価な投与を始める事が出来るので継続して投与を希望し上記の事も考慮出来るのであれば内服して下さい。

▲ PAGE TOP