TOP > 治療薬で改善

ED改善には治療薬が効果的です。

ED治療薬の効果

バイアグラ錠剤

バイアグラやカマグラ、そしてその他のED治療薬がED患者にとって心強い味方となることはここまでで説明してきました。

しかし、ED治療をするにあたり、まずは勃起の仕組み、そしてEDの原因を知る必要があるでしょう。

ED治療薬を使えば確かにEDを改善することはできますが、根本的な解決にはつながりません。

きちんとEDが起こる仕組みや原因を理解しておきましょう。

まず勃起のメカニズムについてですが、おそらく多くの男性が「エッチな気分になれば自然と起こる現象」としてしか認識していないのではないでしょうか。

しかし、何事にも事象の発生には理由・原因があるのです。

まず、外部から性的刺激を受けることで脳の中枢神経という部分が反応します。

性的刺激に反応した中枢神経は全身に興奮の信号を送るのですが、それによって血流がふだんよりも活発になり、全身へ行き渡ります。

もちろんペニスへもふだん以上に血液が流れ込むのですが、ペニスの内部にはスポンジ状の海綿体と呼ばれる部分があります。

ペニスへと流れ込んだ血液はこの海綿体に吸収され、海綿体が大きく膨張します。

この海綿体の膨張によってペニス全体も大きくなり、そして硬くなるのです。

これが勃起と呼ばれる現象で、世の男性たちがふだん何気なくしていることです。

しかし、射精してもなお勃起した状態が続くとなってしまえば、男性からすると大きな恥。常日頃から股間をモッコリさせた状態で生活しなければいけなくなりますよね。

そこで、そうならないようにはたらきかけてくれるのがPDE5という物質なのです。

PDE5は血流を抑制するはたらきがあり、性的興奮がおさまると同時にペニスへの血流を弱めてくれます。

このおかげでみなさんは勃起した状態のまま生活する心配がないのです。

PDE5は本来必要な物質なのですが、日常的にPDE5が過剰に生成されてしまった場合は問題です。

もしこうなってしまうと常に血流が抑制されてしまうことになり、性的刺激を受けて興奮状態になってもペニスへ充分な血液が流れなくなってしまうのです。

つまり、海綿体が膨張することはなくなりますし、それにともなってペニスが勃起することもなくなってしまうのです。

これがEDになってしまう原因となっています。

バイアグラが開発された元々の目的は

バイアグラ

世界で初めて承認されたED治療薬として、バイアグラは名実ともに優れた医薬品として知られています。

しかし、現在はこうして多くのED患者を救っているバイアグラですが最初からED治療薬として開発されたわけではありません。

元々は狭心症の医薬品として開発されたのがきっかけだったのですが、その使用過程で血行促進による勃起機能の改善効果が発見されたのです。

偶然の産物とも言えるバイアグラですが、この偶然によって多くのED患者たちが救われるようになったのです。

バイアグラがどうEDに効果的なのか

バイアグラの効果を説明する医者

バイアグラが優秀なED治療薬だということは多くの男性がすでにご存知でしょう。

しかし、なぜ効果的なのか、何がどう作用しているのかについて知らない人がほとんどだと思います。

バイアグラはシルデナフィルを主成分としているのですが、このシルデナフィルが先ほど説明したPDE5の効果を抑制してくれるのです。

先ほども紹介したように、EDの原因となっているのはPDE5という物質です。

このPDE5が血流を阻害しているせいでペニスへ充分な血液が流れず、結果としてEDという症状を招いているのです。

となれば、EDの原因となっているPDE5のはたらきを抑えてしまえば、ペニスは再び勃起できる状態に戻るのです。

そのためにもバイアグラに含まれているシルデナフィルが重要なはたらきをしてくれるのです。

ただ、勘違いしてはいけないのが、バイアグラの効果はあくまでも「ペニスを再び勃起できる状態に戻す」ということです。

よくバイアグラの効果を勘違いしている人がいて、「服用すると同時に性欲が沸いてくる」とか「服用すると勝手に大きく勃起する」と思っていることがあります。

しかし、それは大きな間違いです。

バイアグラはもちろん、他のED治療薬に関しても興奮作用は含まれていないのです。

バイアグラを服用したとしても、勃起するためには今までと同じように性的刺激が必要になることを忘れないようにしましょう。

即効性と持続時間について

バイアグラの持続時間を説明する医者

バイアグラにしてもレビトラにしてもシアリスにしても、そしてそれぞれのジェネリック医薬品にしても、効果が出始めるまでの時間と効果の持続時間についてはしっかり理解しておきましょう。

どれくらいで効き始めるのか、そしてどれだけ効果が保つのかによって、服用するタイミングが変わってくるのです。

バイアグラの場合、カマグラの用法用量などの部分でも触れましたが、一般的に服用してから1時間ほどで効果が出始めます。

ただ、これはバイアグラの効果がピークになる時間のことを言っているため、厳密に言えば30分ほどで効果を実感することはできるでしょう。

とはいえ、やはり満足いく性行為をするためにはバイアグラの効果が最大限に発揮されている状態が望ましいため、性行為をする1時間ほど前に服用するのが基本となります。

そしてバイアグラがどれだけ効果を持続させてくれるのかですが、これに関しては6時間ほどと言われています。

しかし、効果が落ち始めること自体はもっと早く、正確に言えば服用してから1時間経ったピークを境に、バイアグラの効果は落ちていきます。

こういった点から、性行為をする1時間前に服用することでバイアグラの効果を最大限に実感できると言われているのです。

ただし、こうした即効性や持続時間に関しては個人差がありますので、あくまでも参考程度に知っておきましょう。