TOP > ジェネリックのメリットとは

カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品です。違いやメリットについて

ジェネリック医薬品のメリット

カマグラゴールド

冒頭ではカマグラの種類や効果について紹介してきました。

バイアグラを基にして開発されていることからED治療に高い効果を期待することができますし、複数種類があることから、同じカマグラでもみなさんに合ったものを服用してED治療をすることができるでしょう。

ジェネリック医薬品の使用があまり浸透していない日本において、どの種類のカマグラも医療機関から処方してもらうことはできませんし、もちろん薬局などで購入することも不可です。

しかし、個人輸入代行サイトが登場したおかげで、ふだん利用しているネット通販と同じ感覚で簡単に購入できるようになったのです。

ただ、日本であまり使用が浸透していないことから、ジェネリック医薬品のことを詳しく理解していない人も意外とたくさんいます。

そこで、そもそもジェネリック医薬品がどんな医薬品なのかを紹介していきましょう。

ジェネリック医薬品とは

薬の効果を保証する医者

最近は日本国内でも「ジェネリック医薬品」という単語を耳にするようになってきました。

しかし、海外諸国と比べればまだまだジェネリック医薬品の利用は浸透していません。

そのため、ジェネリック医薬品がどのような医薬品なのかちゃんと理解していない人もいるのではないでしょうか。

まず、ジェネリック医薬品の説明をする前に新薬の紹介をしていきましょう。

新薬とは、ある製薬会社が初めて開発した医薬品のことで、含んでいる有効成分やその製造方法などがオリジナルとなっているものです。

世界で初めて新しい医薬品として承認され、販売されているものを言います。

この新薬を開発するためには多大な時間と開発費用がかかってしまいます。

そのため、自然と新薬を開発できるのはそれだけの力を持っている大手製薬会社に限定されます。

新薬には20年という特許期間があり、その間は医薬品の開発と販売を独占することができます。

しかし、この特許期間が切れると、他の製薬会社も新薬を模した医薬品を開発・販売できるようになります。

これがジェネリック医薬品または後発医薬品と呼ばれるものです。

ジェネリック医薬品の開発は新薬を基にしておこなわれています。

つまり、含まれている有効成分も、その製薬方法も新薬と同じなのです。

当然発揮する効果や安全性も新薬とほぼ同じになるため、新薬と同じ感覚で安心してジェネリック医薬品を使用できるのです。

また、ジェネリック医薬品の大きな特徴と言えば、新薬よりも遥かに安い値段です。

これはジェネリック医薬品が出来損ないの医薬品だからというわけではありません。

先ほども言ったように、ジェネリック医薬品の開発はすでに存在している新薬を模しておこなわれています。

つまり、すでにある製薬方法を基盤にして開発がおこなわれているため、1から研究期間を設けたり、有効成分の効果や安全性を確認する必要がないのです。

新薬の開発は15年かかると言われていますが、新薬の開発は3年ほどで済みます。

当然費用も新薬を開発したときより少なくなっているため、総じてジェネリック医薬品の開発コストは低くなっています。

開発コストが低いということはそれだけで安い価格で販売しても元を取れるということですので、ジェネリック医薬品の値段は新薬よりも劇的に安くなっているのです。

新薬と同じ効果、安全性を持ちながら、安くで購入できるジェネリック医薬品にはこういったカラクリがあったのです。

バイアグラとカマグラの違い

バイアグラ

大勢のED患者から高い支持を獲得しているバイアグラ。

そして、そのバイアグラを基にして開発されたカマグラ。

両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

まず、ED治療における効果の違いですが、これについては散々言ってきたようにほとんど違いはありません。

カマグラはバイアグラと同じ成分、製薬方法で製造されているため、必然的に効果や安全性は同じになるのです。

カマグラの種類を紹介した際に、形状や服用方法によって多少効果が異なる可能性もあると言いましたが、原則はほとんど同じと考えていいでしょう。

では次に気になる違いがバイアグラとカマグラそれぞれの値段です。

新薬とジェネリック医薬品を比較した際、最も大きな違いとなるのがこの部分ですので、しっかり確認しておきましょう。

今回は「医療機関からバイアグラを処方してもらう」「個人輸入代行サイトでバイアグラを注文する」「個人輸入代行サイトでカマグラゴールドを注文する」の3パターンで比較したいと思います。

まず「医療機関からバイアグラを処方してもらう」場合ですが、初診だと2,000円前後の初診料がかかってしまいます。

それに加え、治療費なども費用も当然負担することになります。

そして気になるバイアグラの値段ですが、50mg錠を1錠処方してもらうだけで2,000円ほどかかるでしょう。

ED治療薬は保険適用がないことから全額負担になってしまうため、1錠でもこれほどの値段になってしまうのです。

次に「個人輸入代行サイトでバイアグラを注文した場合」です。

個人輸入代行サイトを利用した場合、初診料や診察費は不要となり、薬価と送料だけになります。

個人輸入代行サイト上で販売されているバイアグラは50mg1錠が1,500円いくかどうかといった値段で販売されています。

送料は1,000円程度であることが多いですが、サイトによっては送料を無料としてくれているところもあります。

最後に「個人輸入代行サイトでカマグラゴールドを注文した場合」を見てみましょう。

こちらも先ほどと同じく、個人輸入代行サイト上での購入になりますので、診察等にかかる費用は0円です。

そして50錠のカマグラゴールド1錠の値段なのですが、なんと400円前後で購入できるのです。

この3パターンを比較しただけでも、ジェネリック医薬品であるカマグラがどれだけ安いかわかっていただけでしょう。

通う医療機関や利用する個人輸入代行サイトによって各料金は上限しますが、基本的にはこれくらいの違いがあると思っていただいていいでしょう。

このように、バイアグラではなくジェネリック医薬品であるカマグラを購入することで、みなさんの経済的な負担を大幅に削減することができるのです。