カマグラとの出会い!バイアグラから乗り換えた去年の夏

バイアグラとカマグラの関係

バイアグラとカマグラの関係 どの様な薬にも世の中に誕生してから十五年から二十年程の特許期間を持ち、開発された新薬を独占して販売する事が出来るものとされ、この期間経過しない限り技術や資金力があったとしても開発し販売する事は出来ません。
そうした権利が付いた薬から時を経て期間が切れた際に登場するのがジェネリック医薬品であり、医療費削減を目的に国も推進しており国民にも広く普及し同一成分を低価格で使用する事の出来る薬として、病気によっては高い治療費がかかるものもあり、また保険を適応させる事が出来ない薬もあり、そういった方々には有効性も含め治療に役立つ薬として用いられる機会が増えてきています。
また若年層にも発症増加が診られる男性の方のみに起こるEDの治療の初段階での選択となるED治療薬であるバイアグラからも後発薬としてカマグラ等が誕生しており、こういった治療は保険が効かない自由診療となる為、バイアグラジェネリックは毎性交時に必要となるED治療薬を低価格で投与出来る薬になります。
バイアグラジェネリックとは、上記記載の通り後発薬になりますが先発薬であるバイアグラは1999年の誕生であり2016年現在でも特許期間中となる薬な為、本来であれば後発薬の登場は考えられない事です、
ですが、本剤はある国際条約に加盟していない一つの国が製造から販売までを行っている薬になり、その国が印度になり先発薬は100を超える国々で承認され認められている薬になりますが、後発薬であるカマグラ等はこの国でのみ認められている薬になり、正確な位置づけではコピー商品というのが正しく後発薬ととは認められていません。
効果に変化があるかと言うと同一成分シルデナフィルを配合している為、血流を改善し海綿体に多くの血液を輸送する事が出来ますが、剤形が異なるので効き始めまでにかかる時間に変化があり、剤形も錠剤以外にもゼリーやチュアブル等の複数の剤形があるので、この点では多少差があるかも分かりません。
効果は変わらない低価格な未承認薬という点に留意して投与を希望するのであれば海外から通販で本剤を購入する事が出来ます。

▲ PAGE TOP