カマグラとの出会い!バイアグラから乗り換えた去年の夏

カマグラの効果

カマグラ 1999年に誕生し世界中の男性の方達が夢の薬として歓喜しEDを治療する事が出来る初めての薬となるのがバイアグラであり、シルデナフィルが成分のED治療薬となり、これには後発薬があり正確には特許が継続中に販売が行われていたのでコピー製剤に当たりますが印度製の後発薬カマグラがあり、先発薬は薬価の基準を持たない一錠当たりが非常に高価な薬剤となり毎性交時に投与する男性の方への金銭的な負担が大きい事から後発薬に切り替え、その日の性交を充実させる為に用いていました。
カマグラとは、印度製のED治療薬になり承認国も一カ国のみでありその他の諸外国では未承認薬として扱われ国内でも輸入して使用する事は認められています。
ですが、医療機関での処方はされていない薬であり50mgと100mgのシルデナフィル用量規格があり、先発薬でも国内処方の最大用量は50mgまでとされ医師でも処方する事の出来ない薬であり、決して使用を推奨する事が出来る用量ではありませんが実際の所、50mgでは効果が期待できない重度のED罹患者もいるので一概に禁止する事も出来ない薬になります。
EDは血流量が体や心に起因して低下する事で陰茎海綿体平滑筋が緊張した状態を維持してしまい血管を拡張する事が出来なくなるので挿入に必要な十分な硬度が出ず、挿入を困難にし性交自体が出来ない事や行為途中で中折れと言われ硬度を維持する事が出来なくなり、血液輸送量の低下として考える事ができ本剤を含むED製剤を投与する事で平滑筋を弛緩し血管を拡げ多量な血液を輸送する事が出来ます。
また本剤は特異な副作用の発現が殆どの場合にみられ、顔面に診られる紅潮や火照り、頭痛等が挙げられ血流量を一気に変化させる事で起こったり血圧の低下により現れる症状となります。
100mgである際にはより強く症状が現れてしまうので効果も強い反面で強い副作用が現れるので個人の体に合った適宜適量な用量の投与する事が推奨されます。

▲ PAGE TOP