カマグラとの出会い!バイアグラから乗り換えた去年の夏

勃起の仕組み

勃起の仕組み 勃起不全とは、男性の方の性的機能を低下させる多くの要因から生じる疾患であり陰茎を持たない女性の方が発症する事は無く男性の方特異な疾患となり、勃起状態を起こす事が出来ない事あるいは不十分な硬度の為に挿入を困難な状態にしてしまう、また一時的な硬度がある状態を作り出せても挿入時に解消されてしまう中折れと言われる症状も含み、自慰行為の方法が手を使わずに布団や枕に擦り付けて射精を行っていた等の異なる方法での射精により通常の性交では刺激を感じれず射精出来ない射精障害をも含みます。
症状が続く事で性交を苦痛なものと感じてしまう事もあり、また出来ない事に劣等感を感じる等の精神への負担も認められるので、こういった事はリビドーの減退を招くともされており、治療を行わず放置してしまう要因となります。
勃起状態を起こすには少なくとも四つの機能が全て正常な機能を果たす事が重要となり、「脳」「神経」「血管」「海綿体」となり脳は性的事象を捉えた際に情報処理を行う役割を果たし、その情報をシグナルとして陰茎へ伝達するのが神経の役割であり、シグナルにより体内からはNOが放出されこの中に含有される環状グアノシン一リン酸は血管を拡張する作用を持ち、海綿体へ多量の血液輸送を行う為に重要な物質となり血液を貯蔵する受け皿として海綿体が必要となります。
原因として脳や神経に不具合をもたらす事として心因型を挙げる事ができ、過去あるいは現実に感じる精神への負担や幼少期を含む成長過程で劣等感を生む事象、あるいは心の傷となる事を経験してしまう事で二つの機能に変調を起こしてしまい、不全が陰茎に生じる様になります。
また器質型とされる神経あるいは血管に損傷箇所が診られる事や日常で勃起状態を抑制する5型ホスホジエステラーゼの優位性を強めてしまう事で環状グアノシン一リン酸は分解を起こすので血流量の低下に繋がるとされます。
どちらの原因となる際でも一次の選択とされるのがED治療薬であり、酵素の働きを阻害する事で血流量を改善し硬度のある勃起不全の解消が出来ます。

▲ PAGE TOP